昨年、9月に開催させていただいた理学療法勉強会「草莽崛起(そうもうくっき)」の2回目を先週末(1/13―14)当院にて開催させていただきました。
今回は、九州医療スポーツ専門学校副院長の田中 創先生を講師としてお招きさせていただき「運動器疾患の臨床戦略に必要な情報と現象の捉え方~pain scienceの臨床応用~」という内容で講義および実技指導を2日間みっちりと行っていただきました。運動器疾患における疼痛の捉え方、要因、評価方法、治療(対処方法)について、臨床例を含めて、理論的かつ丁寧な講演を行っていただき、参加した多くの皆さんが満足されたのではないかと思っております。今回は、前回以上の参加をいただき、2日目の昼食時間を短縮してまで白熱した勉強会となり、あらためて参加した方々の運動療法に対する意識及び意欲の高さを実感した次第です。今回の勉強会が、患者さんの治療へ結びつくことが出来れば幸いだと考えております。
今後も、少しでも皆様のお役に立てるよう微力ながら尽力させていただきたいと思っております。
今後とも当院同様、理学療法勉強会「草莽崛起(そうもうくっき)」をどうぞよろしくお願い致します。

右より:佐々木宏幸(当院理学療法士)          田中 創氏 (九州医療スポーツ専門学校副院長:今回講師)          私

右より:佐々木宏幸(当院理学療法士)、田中 創氏 (九州医療スポーツ専門学校副校長)、私

勉強会風景

勉強会風景

昼食(非常に美味しかったです)

昼食(非常に美味しかったです)